外貨MMF投資

G7 政治ノイズの影響

2・9、10 ドイツ エッセンでG7が開催予定になっています


G7は、7カ国財務相・中央銀行総裁会議が集まり開催される会議で、為替相場にも影響を与える事があります。


今回、為替相場で注目されているのは、最近の円安に関して、何らかの発言があるかです。


欧州諸国からは、円安をけん制する発言が出てきており、今回G7の議長国がドイツであるということからも、議題にあがるか注目です。


ただ、本格的に円安から円高に向かうには、アメリカの対応次第だと思います。


アメリカが、現在の円安を容認できる範囲であれば、本格的円高に向かうのは先になりそうです。


為替相場は、基本的には各国の経済状況により動くものですが、このような、政治的要因により動く事を、政治ノイズと呼ぶ事があります。


来週は、G7声明までの様子見で、為替相場は、レンジ内での動きになるという見方が多いようです。





■■ 関連記事 ■■

『世界の中心 米ドル』

『外貨投資に必要な為替取引』


2007年02月03日 20:02