外国金利情報

今の為替は金利相場!

ここ数年、為替は、金利相場と言われています。


金利相場では、各国の金利格差に注目し、金利の高い国の通貨が買われる傾向にあります。


各国の金利は、政策金利と言われ、中央銀行、または、中央銀行の役割をする銀行が、金利を決めています。


日本であれば、日本銀行、日銀が、金融政策決定会合を開催し、政策金利を決定し、


アメリカであれば、FOMCで政策金利が決定します。


為替取引の80%以上は、投機資金です。


投機資金であれば、金利が高い国の通貨で運用した方が、効率がいいので、高金利の通貨が買われる傾向にあるのもわかります。


外貨投資をする際に、各国金利動向は非常に大切です。


どの国の通貨に投資すれば、投資効率がいいのかを決める上でも、金利は重要事項です。


投資している外貨の国の政策金利はどのくらいなのか?


そのようなときに役立つリンクを紹介しておきます。


主要各国中央銀行政策金利、金利動向が確認できます。日本、アメリカ、欧州、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、香港、南アフリカの政策金利が一覧になっていて見やすく、各国の政策金利推移が線グラフで表されているのでわかりやすくなっています。

リンクページは、FX会社大手 Money Partnersの情報ページです。




■■ 政策金利 LINK ■■

『Money Partners 外国政策金利』

2007年01月30日 00:23