FX(外国為替証拠金取引)

銀行でFX(外国為替証拠金取引)という選択


外貨投資をはじめるのに、外貨預金を多くの人が選ぶのはなぜでしょうか?


預金と付くから。


銀行が扱っているので安心感がある。


確かに、預金と付けられるのは、銀行の特権でしょう。


しかし、


外貨預金と”預金”がついていても、外貨投資には間違いありません。


よく比べられますが、外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)を見てみると、


例えば、為替手数料では、外貨預金 1ドルあたり、1円(往復2円)に対して


FX(外国為替証拠金取引)1ドルあたり、10銭(往復20銭)

※銀行、FX会社により、為替手数料の違いはあります。


外貨預金を選ぶ大きな理由とする利子も、FXの方が有利というのがほとんどです。

※FX(外国為替証拠金取引)では、利子にあたるものをスワップポイントと言います。


人それぞれ投資スタイルによりますが、この2つを比べたら、どちらが投資として有利に思えるのではないでしょうか。


とは言え、外貨投資をはじめるのに、なじみの深い銀行という安心感が、外貨預金を選ばせる理由になることは、否定できません。


では、FX(外国為替証拠金取引)が銀行で取引できるとしたらどうでしょう。


外貨投資初心者の方でも、FXの印象が変わるかもしれないと思います。


それも、リスクコントロールがしやすい商品だとすれば、よけいです。


リスクコントロールがしやすいとはどのようなことかと言えば、


FX(外国為替証拠金取引)の特徴である、レバレッジが抑えられる


あるいは、通貨単位がすくなくできると言うことが考えられます。


例えば、FXでレバレッジ10倍で、米ドル/円を取引すると、


10万円の証拠金で、約100万円分の米ドル取引ができ、


1ドル=100円の時に米ドルを買ったとして、10000ドルの取引ができます。


1ドル=101円で売れれば、1万円の利益(為替手数料考慮せず)、99円の時に売れば1万円の損失です。


では、外貨預金は、レバレッジ何倍でしょうか?


簡単ですね、1倍です。10万円で、10万円分の外貨取引です。


FXでも、レバレッジ1倍の取引ができるものがあります、それも銀行で。


銀行でもFXですから、他のFX会社と同じく、為替手数料が1ドルあたり10銭と、外貨預金にくらべ10倍ほど有利です。


あと、通貨単位の大きさが気になるのであれば、10000通貨を、1000通貨に抑えて取引することもできます。


レバレッジ10倍で、ニュージーランドドル/円を1000通貨買うとすると、証拠金8000円で取引することができます。


この時に為替取引手数料は、片道100円(往復200円)です。


もちろんFXですので、満期などありません。自分が売りたいときに取引できます。(もちろん営業時間内ですが)


8000円の証拠金でも、10倍のレバレッジを効かせていますから、利子にあたるスワップポイントで、現在であれば、約17円/1日がつきます。

※スワップポイントは、為替変動や金利により変動します、また各FX会社により差がある事があります。


それも、外貨預金と違い、満期を待たずに、ポジションを持ったまま、スワップポイントを受け取るもできます。

※スワップポイントをポジションを持ったまま、受け取るにはいくつか条件があります。スワップポイントが100円以上たまっていることなど


長期投資で考えるのであれば、このスワップ受け取り機能は非常に便利です。


これも、外貨預金に比べ大変有利になると思います。


FX(外国為替証拠金取引)を扱い、上記の条件で取引できるのは、現時点では、


ネット専門銀行として有名なジャパンネット銀行だけになります。


私のジャパンネット銀行でのFX投資の話をすると、


以前からジャパンネット銀行の口座を持っていたので、FX口座も開設して(銀行口座を開設していると非常に簡単にFX口座も開設できます。)


ニュージランド/円 取引をしてみました。


レバレッジ10倍


1000通貨(買い)


為替取引手数料片道100円


(2007/3/7に上記取引実施)※現在取引手数料0円になっています。


スワップポイントが


1,106円


円安に進んだので、為替差益を含んだ評価損益は、+9,936になっています。


長期投資で考えているので、為替差益はあまりあてにしていません。


プラスになることもあれば、マイナスになることもあるのが為替差益ですから。


8000円の証拠金(投資)に対して、1,106円のスワップポイント(利子)、これは、投資効率が非常にいい数字になっています。


それも100円以上あるので、今なら好きなときに受け取ることが可能です。


外貨投資を考えていて、銀行が扱っているからという理由で、外貨預金を選択しよと思っているのであれば、


銀行でFX(外国為替証拠金取引)という選択も考えてみてもいいと思います。


※FXにもちろん投資リスクはあります。
※スワップポイントは、各通貨の金利差です。買いポジションを持てば、必ず受け取れるというものでは、ありません。逆に支払う場合も発生します。





■■ Link ■■

ジャパンネット銀行のFX

■■ 関連記事 ■■

『意外と秀逸な外貨商品 外国為替証拠金取引(FX)』

2007年05月14日 19:46