外貨

外貨投資とは?

外貨投資とは、日本人である私たちにとっては、日本の通貨「」を


アメリカドル、ユーロ、ポンドなど異なる通貨(外貨)


に交換して運用する取引の事です。


日本でも投資できる金融商品は多くあります。では、なぜ外貨投資が注目されているのでしょうか?


それは、外貨投資が、為替変動、高金利で利益をあげる事を狙っている商品だからだと思います。


日銀によるゼロ金利政策が解除されたとはいえ、まだまだ日本は低金利


銀行に預金したところで、年利1%もつかないものがほとんどです。


ところが、外貨によっては、年利5%、6%と付くものがあります。


これは、世界各国の経済状況などにより、その国の政策金利が違うからです。


資産を運用するのであれば、年利1%より5%の方が良いと考えるでしょう。


そこで、政策金利の高い国の通貨を狙い投資できる、外貨投資に注目が集まるのも理解できると思います。


(ただ、外貨投資をするには、円を外貨に交換する必要があります。


例えば、ドルで外貨投資するのであれば、円をドルに交換します。


この交換を外国為替と言います。単に為替と言ったり外為と言われる事もあります。


また、外貨投資の場合、この為替取引を行う事により、損益が発生する事があります


利益に大きく影響をするので、外貨投資をする際には、外国為替を理解しておくことが必要です。




■■ 関連記事 ■■

『外貨とは?』

『外貨投資に必要な為替取引』

2007年01月16日 23:15